> 家族間で使う生命保険料控除について

 

家族間で使う生命保険料控除について

 

 

生命保険料控除ですが、原則は生命保険料を支払った人が

年末調整や確定申告で控除します。


家族であれば、あまっている分を妻に入れたり、子供に入れたり
している場合があるかもしれません。

 

保険料が年間110万円以内であれば、贈与税は非課税なので控除

をしている間は問題にならないかもしれませんが、保険の満期が

来て保険一時金の支払があった、保険の解約で税金がかかる、

などの場合、注意が必要です。

 

また資産家であれば、その控除している保険が相続税の対象とな

らないか、高齢者で資産家の場合など、注意が必要です。

 

ですので契約者・保険料負担者以外の人に生命保険料控除を入れる
場合は、わずかの控除で将来問題が出ないか、先のことをよく検討する
必要があります。

 

  (2018年5月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。