> 保守料等の消費税引き上げ時の税率判定について

 

保守料等の消費税引き上げ時の税率判定について

 

保守料等の消費税引き上げ時の税率判定について
原則として、税率は「役務提供の完了日」により判定します。つまり、サービス日
が平成31年10月1日の前なら8%、以後なら10%です。
保守料等については1年間分をまとめて支払うケースも多いですが、1年間をまと
めて支払う場合であっても、1年間分の料金を31年9月以前分は8%、10月以降
分は10%に区分する必要があります。
ただし、(1)契約上「中途解約があった場合、未経過期間分の保守料金等を返還しな
い」という条項があり、(2)受領側(売上計上側)が継続して、受領時に一括して収益
計上している場合、支払日が31年9月より以前ならば、全に「8%」を適用でき
ます。

 

 (2018年8月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。