> 仮想通貨同士の交換を行った場合の所得の計算方法について

 

 

仮想通貨同士の交換を行った場合の所得の計算方法について

 

 例・ 3月1日 100万 円で2ビットコイン(A)を購入した。 

 ・ 5月2日 10 リップル(B)を購入する際の決済に1ビットコインを支払った。

  なお、取引時における交換レートは1リップル=60,000 円とする。
   ※上記取引において仮想通貨の売買手数料は考えないものとします。 

『所得金額は?』
  【計算式】 (60,000円×10リップル) - (1,000,000円÷2ビットコイン) ×1ビットコイン = 100,000 円

(注)1・その他の必要経費がある場合には、その必要経費の額をは差し引くことができます。 
   2 上記の60,000円×10リップルは、この取引と同じ時点で同じ数量の仮想通貨を日本円で購入する場
      合の支払総額をいいます。 

  例で言えば、保有する100万円のビットコインを他の仮想通貨(10リップル)と交換した場合、ビットコインでリップルを購入したことになるので、所得金額を計算する必要があります。 

【関係法令等】 
所法36、37
法法22、22の2

 

 (2019年2月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。